スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お裁縫好きさんにお勧めの本

こんばんは。
ブログに遊びに来てくださってありがとうございます(^-^)/



今晩は寒いですね。
さっき温度計を見たら、室温が24度でした。

娘たちが眠っている和室は、空調をしなくても暖かいのですが、一応肌がけ用の羽毛布団をかけてやりました。
軽いから蹴っ飛ばしそうですが。

そろそろ、あたたかいパジャマを作ってあげないといけません。




秋がどんどん深まっていきますね。
夜も少しづつ長くなり、昼間の空は高くなったような気がします。


そんな、秋の夜長にお勧めの本。


あんびるやすこさんの
「なんでも魔女商会」です。





はい、小学生向けの児童書です。




ここから、いい歳こいたアラフォー主婦の
萌え話が炸裂しますので、
興味がない方は華麗にスルーしてください。



今日はハンドメイド話しで、あるような無いようなビミョーなネタです。
今回は作ったものはのせてません。

イベント商品のために、ずーっと裁断をしまくっていたので
煮詰まってしまいました。

ちょっとリラックスするために書きました。










☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






この、なんでも魔女商会

1巻から18巻まで出ています。
小学生の女の子に人気のシリーズです。



都会から緑の多い田舎に引っ越したばかりの女の子
彼女の名前はナナ

森のなかにレンガの壁に真っ赤なバラの蔦が絡んでいる素敵なお店を見つけます。

ドアにかかった看板には
「なんでも魔女商会 お洋服リフォーム支店」

中にいたのは、ナナと同じくらいの女の子シルクと、めし使い猫のコットン


物語はこの3人を中心に進んでいきます。



お友だちのクマさんのために、ネズミの奥さん達がリフォームのドレスを依頼してきたり

シルクが魔法修行にでかけたり

雪の女王のためにドレスを作ったり



と、お裁縫好きな方なら大人も面白いと思います。


とにかく、お針子作業が丁寧で、そして不思議なのです。
シルク達、リフォーム支店の魔女は魔女なのに、ほどく、縫う、切る、アイロン等の作業はすべて手作業。魔法は使いません。
魔法で作った服は三流品なんですって。


材料は「リフォーム」なので持ち込みが基本。
1から仕立てるのは「お仕立て支店」の魔女のお仕事です。
シルクは、依頼人からのリフォームで預かった服を素敵に変身させていきます。

小さなネズミの服をたくさんほどいて、アイロンをかけ、同じ大きさに切り
パッチワークをして大きなドレスを作ったり

白いドレスを、夕焼けから夜に移り変わっていく夕闇の空の色に染めたり

雪の結晶をビーズに固めたり


お話にぐいぐい引き込まれます。


また、出てくる裁縫道具が可愛い!

リボンのメジャー、針刺しはシルクの手首に赤いハートの形
魔法の金の指抜きには、瞳にダイヤモンドがはめてある黒猫の絵

鳥の形をした銀の糸切りバサミ、王冠の針刺し、黒猫の形をした糸巻きには色々な糸が巻いてあったり

色々なサイズのトルソー
黒いミシン、たくさんのリボンやレース
綺麗に巻いてある反物の生地は、棚に整理されていて…

めし使い猫のコットンが、紅茶とお菓子を用意してくれたり
作業を手伝ってくれたり



もうね


もう


可愛くてキュン死すっぞ ゴルァ




ホンマ、たまりませんわ。



私、イギリステイストに昔から弱く
実際、若い頃にイギリスまで行っちゃいました。

このお話に出てくる裁縫道具は、
ロンドンのアンティーク朝市で並んでた商品に似ているような。






私のハートはぶち抜かれてしまいました。



娘たちの、本屋に付き合っているときに偶然手に取った本ですが、
自分用に少しづつ集めてます(笑)

図書館にも置いてあるシリーズだと思いますので、
ぜひお手にとって見てください。





誰かのために
丁寧に丁寧に作業して、
世界にひとつだけのお洋服を作る


可愛い娘たちのため
手にとってくれた誰かさんのため

少しでも喜んでもらうために
丁寧に作っていきたいなぁと、
本を読んで思いました。


裁断作業でだらけた気持ちに喝!です。


明日から頑張るぞ~







いつも見に来てくださってありがとうございます(^-^)/

にほんブログ村 今日作ったものへ
にほんブログ村



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ
にほんブログ村


広島ブログ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。